【失敗からの成長】スマホを落とした 失くしてから見つかるまでの話

失敗談
この記事は約4分で読めます。
先日スマホを落としました(失くしました)。
 
 

スマホを失くしたと気づく

通勤バス内で気づきました。

つまり、自宅からバス停までの50メートルくらいの間で失くしました。


…家に忘れたのかな?

いやいや、外で時間を確認した記憶があります。

 

8:22の画面を見た記憶があります。

バスに乗らないと遅刻だと思って、走りました。


…走ったときに落とした?

スマホがなくて困ったこと

日常、スマホが時計がわりですし
日常、スマホで電車の時間調べますし
日常、スマホがないと道がわからなくて不安でしかたがないですし


大変困った状況に陥りました。


ラインは、パソコン💻から出来るから、1日2日はなんとかなるし、

メールもパソコンからできるからなんとかなるけど…


スマホが無いから不安…

スマホがなくて困った時の対策

パソコンがある状況のうちに、調べるものは調べておく(地図とか、乗り換えとか)

筆者はとくに方向音痴のぱっぱらぱーですので、調べておくことは大切です!

その日は、たまたまいつもと違う場所に行かなければだったので尚更です。

連絡するだろう人の電話番号を手帳にメモしておく

ご本人さまに電話番号を聞くか、知ってる人に聞きました。

注意点は、「何かあったら、公衆電話からかけるかも」と、前もって伝えておくことです。
よくわかんない番号って、たいていリアルタイムでとらないですからね。

小銭を用意する

10円と100円を用意してください。
キャッシュレス派は要注意です…!

公衆電話で使います。
筆者は20円でとりあえず電話したら、すぐに切れました…。

20円で電話できる秒数の感覚が培われていなかったです。
最低100円あると安心ですね。

ちなみに、公衆電話の使い方は

①受話器を取る

②お金を入れる

③番号を押す

です。

受話器を取らないでお金を入れると、お金がそのまま出てきますので、気を付けてくださいね。

 

スマホを探す

どこにあるのかだけ、先に知りたい

手元になくても、何処かに必ずあるという確証があると、安心しますよね。

落としたスマホはiPhoneでしたので

「iPhoneを探す」で探してみよう

ということになりました。

ところが、

…あれ?

…確か

…オフにした記憶がないでもない

とりあえずやってみよう、


結果


iPhoneは探せませんでした。

記憶の通り、オフにしていたようです。

もう、優しい誰かにすがる思いで

Phoneは、パスコードロックがかかっていたら、中身は見えません。

けれどもラインの通知をオンにしてあれば、画面のメッセージを読むことができます。

友達から、
まず、電話をかけてもらいましたが、すぐに留守電になってしまいました。

(15秒に設定したのは自分です…)

次に
「スマホを落としてしまいました」
「拾った方は、交番に届けてくださいますでしょうか」
と送ってもらいました。

幸い、公式ライン友達からの通知はオフにしていましたので、メールが大量に来なければ、メッセージ通知は埋もれないはず、と考えました。

交番に落し物届けを出しに行く

最寄りの交番に、「スマホ届いてませんか」と聞きに行きました。

届けを出すときに聞かれたことは、

  • 最後にスマホを見た時間
  • 失くしたと気づいた時間
  • スマホの特徴(スマホの色、どんなカバーをしているか)

などです。


遺失物番号を発行してもらい、「見つかったら連絡します。」とのことでした。


電話がない場合は、ハガキが届くと仰ってました…

見つからないかあと凹んでいたら

なんと、届けを書いている最中に、それらしいものが別の場所に届いているとのことが分かりました!


ということで、さらにスマホの特徴を聞かれました。

自分しか知らない情報ですね。

そういえばと思い、
失くしたときに、友達にラインを送ってもらったアピールをしました。

待ち受けの画像も話しました(その他諸々)

 


そして次の日、無事にスマホを受け取ることができました!

これから気をつけようと思ったこと

・スマホをポケットに入れたまま走らない
・待ち受けの画像は覚えておく
財布やスマホが落ちてたら、絶対交番に持っていく。
何かを落とした人がいたら拾ってすぐ追いかける。
・もうスマホを落とさない!
・もちろん他のものも落とさないようにする!!

 


日々感謝の思いを込めて過ごしていきたいと思います。
拾って交番に届けてくださった方、本当にありがとうございました。

a-s

工事不要のWi-Fiは使いやすい

一人暮らしなら、携帯できるWi-Fiがオススメ。

いつでもどこでも一緒にお出かけできます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました