おばあちゃんへのプレゼント

1人暮らし
この記事は約2分で読めます。
  1. おばあちゃんと、わたし
  2. おばあちゃんにプレゼント 敬老の日はもちろん、定期的なお花のギフトで感謝の気持ちを伝えよう
  3. お花の定期便を利用してみよう
スポンサーリンク

1 おばあちゃんとわたし

生まれてから高校生まで、母方のおばあちゃんの家に住んでいました。
母の実家に二世帯で住むって感じですね。

ごはんやおやつ、素麺やおせんべいは、おばあちゃんと食べた思い出があります。

毎晩の夕食は、おばあちゃんの手料理で、わたしの好みの味付けを研究してくれていました。
今思うとなんて贅沢なんでしょう・・・

高校生までは、実家暮らし、大学生、社会人となった今は実家を離れて過ごしています。
年に1回帰省すればいい方ですね。

2おばあちゃんにプレゼント 敬老の日はもちろん、定期的なお花のギフトで感謝の気持ちを伝えよう

おばあちゃんはお花の世話をするのが好きみたいです。
お花は、きれいでかわいいですし、お世話をすれば、アレンジメントでも飾る期間が延びます。

お世話になったおばあちゃん宛に、大学生の時から、敬老の日にはお花を送っています。
日比谷花壇をよく利用していました。
地域のお花やさんと連携をして、地元のお花やさんが直接届けてくれるサービスが気に入っています。

社会人になった今では、クリスマスや夏のひまわりの時期にもお花を贈っています。
玄関先に飾ってくれているので季節感が出ていいですね。

3お花の定期便を利用してみよう

ギフトする相手はお花が好きだけど、自分はなにを選んでいいかわからない・・・
手軽に注文できるところがない・・・

そんなあなたにおすすめなのが、お花の定期便です。
毎月季節のお花を10数本お届けすることができます。
豪華なアレンジメントは特別な月に贈り、毎月は花瓶に花をいけるところから楽しんでもらいましょう。
お手頃な料金から始めることができ、毎月の楽しみが増えるのではないでしょうか。

おばあちゃんに毎月アレンジメント(なんだかんだ5000円くらいになる)を贈るのは金銭的に難しいな・・・

と思っていたところだったので、ぴったりです!

 

▼▼▼季節のお花をとどけるなら♪ 

 

 

これからもおばあちゃん孝行していこうと思います。

もう90歳になるんですって。

きれいなお花でトキメキを忘れないでほしいです。

▼▼▼特別な日には、お花と一緒に似顔絵もいかが?

コメント

タイトルとURLをコピーしました