「会いたい人に会えない」と思っても、デジタルな今は画面を通して会える時代ということを実感

徒然日記
この記事は約3分で読めます。

今回はOLの徒然日記です。

母から手紙が届きました。

最近はすっかり「着物でお出かけ友達」って感じで、一緒にお出かけに行っていました。

思い返すと頻繁に会っていたのですね。

(私は一人暮らし)

娘、初の試み

お手紙的になんだか寂しいようでしたので初の試みでしたがゲリラ的にLINEビデオで電話をかけてみました。

(家にいることはしっかり事前確認)

するとなんだか嬉しいようで

ちょうど、「電車に乗るのもはばかられるし、車で会いに行こうと思ってた」らしく、娘的には「外で会うのがいいんだから、外に出づらい時に来られても困るなあ」と思った次第です。

母のゲリラ的行動を、娘のゲリラLINEビデオで運良く?防ぐ?ことができました笑

なんだかんだ、おしゃべりすることはある

しばらく会わないと、いろいろな出来事があるようです。

長らく人と会話しないと話し方を忘れそうなので、ちょうど良いとも思います。

やっぱり電話とビデオ通話って違う感じがする

画面があるのとないのとでは大違い。

確かに体温は感じないとしても、面と向かってお話するのは普段のおしゃべりと何ら変わりのない感じでした。

1時間半くらいビデオ通話していましたね。

カフェでお話するのと同じような感覚です。

ビデオ通話、なんで上手くできたのか

PCを新しくしたので、マイクもビデオも気軽に使える状態だった

電話をしてからPCを新調していて、よかったと思いました。

今のPCにする前は、「Windows7搭載の買った当初は新しかったPC」を使っていたため、もしそのままの状況だったら今回のようなことはまず無理でした。

(カメラとヘットセットも購入したりしていましたが、使い勝手が悪く使うのをやめたことも泣)

もちろんスマホでビデオ通話するのもいいですが、私はPCを使ってのビデオ通話がとっても気に入りました。

母はビデオ通話の慣れっこだった

これまで私はビデオ通話を、ほとんど使っていませんでした。

けれども母は3年くらい前からzoomを使用していたそうです。

私より進んでいる~!と感動しました。

今度、使い方を教えてもらおうと思います。

Apple同士だったらFaceTime(フェイスタイム)も使える

Apple製品同士だったら、FaceTimeを使って気軽にビデオ通話できます。

電話回線ではなく、インターネット回線を使って相手と私を繋ぎます。

以前までは、Wi-Fi環境下のみ利用できましたが、現在ではインターネット環境があれば使用することができます。

つまり「ギガが減る」ので「Wi-Fi環境下かどうか確認する」した方がいいかもしれません。

ギガ放題プランでしたら気にしなくていいですけどね。

FaceTimeを使用した通話自体は無料ですることができます。

ただ、「ギガは減る」ので、その辺はしっかりと確認してから使用してくださいね。

なかなか会えない地元の友達ともビデオ通話をしてみたいと思う

会いたい時は、画面を通じて会えばいいのです。

便利な時代になりました。

存分に活用していきたいと思います。

私の準備は万端です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました