ひとり暮らし 風邪をひいた時のための備え(生き延びよう)

1人暮らし
この記事は約21分で読めます。

いつ風邪をひくかわからないので備えておきましょう

ストレスに晒されやすい現代社会、いつキャパオーバーになって風邪をひくのか、頑張っている本人は気づきにくいのかもしれません。

じわじわと調子が悪くなるかもしれないし、突然朝起きるのが辛くなるほどの熱が出るかもしれません。

買い物に行くのが一苦労になりそうなことは目に見えています。

風邪は引かないほうがいいけれども、なんとか一人で対応しなければならない1人暮らしの人は、備えを万全にしておきましょう。

水分補給をしっかりと

水分補給が十分でないと、体調も崩しやすくなるものです。

水分補給は甘いジュースよりも、シンプルな水がいいでしょう。

しばらく水を飲んでないという自覚症状があったり、食欲がないときには経口補水液やポカリを飲んで、ミネラル分や糖分を補給します。

ポカリは粉を購入して、少し薄めに作って飲む方が、弱った体にはちょうどいいかもです。

食べるなら消化の良いものを

消化にパワーを使う繊維質なものよりも、お粥や卵、ゼリーなどのほうがいいかも。

体調不良のときは、自分の食生活を見直す良い機会

睡眠不足や、食事のバランスが崩れることが、免疫力低下、ひいては体調不良につながると思います。

野菜は繊維質なものが多いので、風邪の時に食べるなら、よーく煮るか、ポタージュやスムージーにして食べるのがおすすめです。

野菜ジュースや、野菜サプリメント、青汁などがあれば手軽に食べることができます。

↓ヤクルトの青汁は美味しいです(実体験)。

栄養は食材から取るのが1番だけれど、現実そうもいかない

一人暮らしの自炊は、同じメニューが2-3日連続とかになりがちです。

なぜ?って?

一品作るとしばらく余るからです。

キッチンが狭いから一気にどーんと作ってしまいたい気分もあるからです。

私の中の理想は、毎食大戸屋!大好き大戸屋!

でも毎食食べてたらエンゲル係数高く高くなってしいます。

誰かと住みたい理由は自炊を楽しみたいからかもしれない

独身OL会社員の自炊は節約と隣り合わせ

食材を安く買うには、バラ売りよりも袋売りなのです。

そして袋売りを買うとしばらく同じ食材ばかりのメニューになりかねません。

だったらバラを買えばいいともなりますが、買い物の時に、作った後、そして次作る時を考えられるかどうか……

私にはまだまだ修行が必要です。

2人暮らしや、3人、4人暮らしは、きっと自炊が楽しいですね。

サプリメントを上手に活用

栄養が偏りがちな単身者ほど、サプリメントなどの健康食品を上手に利用するといいかもしれません。

↓コスパがいいサプリ

いざという時のためにも、出前を練習しておく

一人暮らしで出前をするには、送料や価格が割高なことを考えると、なんだか、もったいないなと感じて利用していない人も多いのではないでしょうか。

本当に家から出れない、でも何か食べなきゃ流石に力が出ない、なんて時に出前がスムーズに使えるよう、元気な時に練習しておくといいかもしれませんね。

現代は、電話しなくてもアプリで簡単に注文できるので便利です。

冷凍の弁当を備えておくのもあり

ナッシュの冷凍弁当はレンジでチンするだけで美味しく食べることができます。

冷凍しておくとメニューを忘れてしまいますが、こだわりなく何か食べようとしか思っていない人にはぴったりです。

人間弱ると選ぶという行為自体が面倒になってなんでもいいや〜となりますので、1食分の弁当はありがたいですよね。

「NOSH – ナッシュ」

風邪をひいた時の備えと、風邪をひかない身体づくりを!

風邪は引かないのが1番。

十分な睡眠と、バランスの取れた栄養補給で、毎日を平和な気持ちで過ごしていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました