『腕振り・逆腹筋』お家で簡単!実践してよかったダイエット運動・筋トレ・ストレッチ 

ダイエット
この記事は約3分で読めます。

カラダの中でも、なかなか「動かさない」ところがカチカチになっていることに気づきました。今まで要はサボってあえて動かしていなかった部分を、動かすようにしたら、カラダが身軽に、引き締まってきました。

猫背の人は要注意!背中がカチカチかも。

歩くときに、あんまり腕を振らなくても、歩けますよね。

人が多い場所では、むしろ腕を大きく振って歩いていた方が、他の人にぶつかってしまいます。荷物を持っていたならなおさら。鞄を振り回して歩きませんよね。

そして、背中が丸まっていませんか。肩が内側に入っていたら、猫背のサイン。猫背の方が「腕が細く見えるかも」など思ってしまうかもしれませんが、それは、あなたの目にだけ映ること。姿勢が良い方が美しく見えます。

背中がカチカチなら、動かしてほぐそう。

猫背はすぐには、まっすぐにはなりませんが、日々の努力で姿勢良くなれます。姿勢を意識すると、今まで余計に伸びていた背中が縮まって、背中のお肉が気になってくるはず。

そんな時は、毎日、寝る前、トータル5分間、腕を振りましょう。

お家でできる!腕振りダイエット

日常生活で腕を大げさに振って、歩ける人は、それをすることに越したことは無いですが、きっと恥ずかしさもありますので、お家でできる腕振りダイエットをしましょう。

腕振りダイエット

目的:背中の肉をスッキリさせる

方法:トータル5分間全力で腕を振る

ポイント1 腕は後ろに引く

ポイント2 背中はまっすぐ!

(図の人間は曲がってますけどね)

ポイント3 お腹はできるだけ凹ませて!

ついでに腹筋も鍛えてしまいましょう

ポイント4 片足を後ろに引いて!

片足を後ろに引いた方が、体が安定します。

胸のボリュームはそんなんでもないのに、なんだか上半身が分厚く感じる…人は、背中を鍛えるべし!

私自身、かれこれ2ヶ月くらい、お風呂の後の顔パックの時間を活用して行なっています。

個人差はあるかもしれませんが、私の場合、肩甲骨周りのお肉がスッキリして、肩が重たくなるのも減った気がします!

腹筋するなら逆腹筋!2ヶ月でマイナス5センチ!

腹筋運動と聞くと、「まっすぐな状態から、体の中央に向かって縮める」というイメージがスタンダードだと思います。

そうではなくて、「お腹をへこませた状態から、縮めてさらに上部に伸ばす」のが逆腹筋と言われる物です。

お腹をへこませると、もちろん、お腹が凹みます。へこませる力を維持するために、へこませたまま、縮めて、伸ばす、という動きをすることで、私の場合、2ヶ月でマイナス5センチを達成することができました!

逆腹筋のポイント

ポイント1 脚は肩幅に開いて、つま先はまっすぐ正面!

ポイント2 手は腰に添えておきましょう

ポイント3 お腹をへこまします

縮める分量よりも、伸ばす分量を多めに!と意識しましょう。

逆腹筋をすることで、お腹を凹ませるクセがつくので、インナーマッスルを意識することができます。

毎日の習慣で、運動を加えるだけで無理なく体を引き締めることができました!

個人差もあるかと思いますが、私は、腕振りと逆腹筋でカラダが軽くなりました!

これで、スタジオレッスンに自信を持っていける日が近づいた気がします…!

スタジオレッスンは、周りの目が気になるって人は、パーソナルレッスンの体験から初めてみてはいかがでしょうか(周りの人は、自分のことで手一杯なので自分の問題なのは分かりますけど気になりますよね)

自分にあったスタジオを見つけるために体験レッスンは重要!

トレーナーや、スタジオとの相性もありますし、思いたったら体験してみるのがいいでしょう。無料も魅力的ですが、通常レッスンを体験レッスン料として割り引いているものも、いい体験レッスンを受けることができます。

今話題のGLP-1ダイエットのカウンセリングはこちら

ホットヨガで気持ちよく汗を流しましょう

「今の自分が一番素敵だ」と言えるようにしていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました