一人暮らしハンガーは揃えたほうが片付いて見てる

1人暮らし
この記事は約18分で読めます。

クローゼットの中がごちゃごちゃに見える、ハンガーにはしっかり掛かっているのに

と思いつつも、

「ま、見えないしいっか♪」

と思ってしまうのも、また人間です。

ハンガーといえば、クリーニングのハンガー、100均で買ったハンガー?

一人暮らしはじめ、とりあえず実家からハンガー持ってきてみたとか、

コートとかシャツとかクリーニングだしたらハンガーくるから、それを使ってるとか、

よくある話だと思います。

それだと、黒いハンガー、ワイヤーハンガーとか色々な種類のハンガーがあって統一感がなく気付かないうちにチリツモのストレスがかかっているかも……

ハンガーを揃えた気持ちよさに感動

初期費用はかかるけど、ハンガーをそろえると良いことばかり。

クローゼットの中は、滑らないハンガーにすれば、服を選ぶたびに、なんだか服がずり落ちてくるストレスからも解放されます。

洗濯物を干すときは、方周りが丸いハンガーにすれば、ハンガーの尖った跡がつく心配もありません。

女性用の服は特に、クリーニングのハンガーでは肩周りに跡がついてしまいます……

MAWAのハンガーは、すごくオシャレですし、機能的。

安くて使い勝手が良くてコスパがいいのは、やっぱりニトリ

ニトリのハンガーに揃えてから、3年くらいたったかしら。

未だに問題なく使えています。

かける部分が回るので、向きを揃えて使いやすいです(向き間違いでのハンガーに服を掛け直すのって地味にストレス)。

そして何より服がずり落ちない!

ズボラでへたっぴな私でも肩を揃えて綺麗に服をかけたくなります

洗濯物をかけるようは、肩部分が丸いハンガーを使っています。

干すハンガーと、しまうハンガーが違うと少しめんどくさいかな?と思うのですが、

滑らないハンガーは、水が染みる素材なので衛生的にやめておこうかな、としているところです。

(乾燥機にかけない洋服だけなので、いまのところ私的にはさほどストレスではありません)

セット売りなのが、揃えるぞーという気持ちを掻き立てますね。

ハンガーの数は増やさないのがいい

最初によく考えてハンガーの数を決めて、実際に数に問題がなければ、増やさないほうがいいかな~と思います。

わたしはここ2年くらいはハンガーは増やさず、着なくなった服を処分するようにしています。

ハンガーが服の断捨離のいい目安になりますね。

押入れタイプの収納も、押入れ用のハンガーラックで使いやすく!

クローゼットタイプじゃないから諦めているという人も大丈夫。

押入れでもハンガーラックが作れます!

 

ということで、統一感があってストレスレスなクローゼットにしていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました