今こそ揉み時!!週末のお出かけ・平日の通勤が、欠かせない運動だと気づいたのでその代わりに【ダイエット】

ダイエット
この記事は約4分で読めます。

体を動かすのが苦手でも、目的地があると、そこまでの移動は不思議と苦ではないのです。

だから週末のお出かけでは1万歩以上、多い時では2万歩くらい余裕で歩いていました。

平日の帰宅の際もなるべく歩くようにしていますが、それでも6000歩くらい。

目的地がなくて歩くのはどうも苦手。途中で引き返したくなります。

引き返したくなるまで歩けばいいと思う日もありますが、「途中でお手洗いに行きたくなったらどうしよう」なんて思ったり。

だからお家の中で、できることから始めることにしよう。

ダイエットとしてセルフマッサージを始めました

チョチョイとボディークリームを塗るくらいなら、平日でもできます。

そうではなくて、時間があるだけ(飽きるまで)体を揉みまくります。

特に、太ももの表裏を揉むと、気分も体もスッキリしてきます。

筋肉だと思い込んでいたものはセルライトの塊

太ももが硬い気がする。

「ハリがあるからいいよね!」

「これはきっと筋肉だ!」と思っていましたが、なんだか違うなあと思ってきたときに、「きっとセルライトが硬くなったんだ!」と気づいてしまいました。

揉み始めたら、痛いのなんの。

痛みが効いている気がして揉みがいがあります。

そして腕の力を使うので、これも運動になる!と喜んでいます。

2週間くらい続けていますが、ピチピチのスキニーデニムの履きごごちが良くなりました。そしてシルエットも綺麗になった気がします。

ボコボコのセルライト全滅を目指して

ぱっと見、見えなかったセルライト。

それがお肉をギューと掴むと出てきます。

揉み始めなかったら気づかなかったことです。

マッサージを続けると硬かったお肉が柔らかくなってきた

柔らかくなったお肉で、リンパを流し、筋トレをしたら、順調です。

マッサージは、クリームやオイルで何を使うかで癒し効果も変幻自在

オススメのマッサージオイルはWELEDA(ヴェレダ) ホワイトバーチボディオイル 100ml 【セルライト用オイル】

ヒップや太もも・二の腕まわりの肌のざらつきをケアするために開発されたボディマッサージ用オイルです。

はじめはこちらを使って、調子づけると良かったです。

まずは今のうちに、凝り固まった全身のお肉を柔らかくしてしまいましょう!

マッサージで少しでも身軽になったら苦手な運動も前向きにできるようになるかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました