【シリーズ】アスリートのサプリメント利用と、ドーピングに注意 ドーピングとアンチドーピングのお話

グルメのおすすめ
この記事は約8分で読めます。

サプリメントは、スポーツのパフォーマンスを向上させるため、食事では取りきれない栄養を補うものとして有効な手段の1つです。

ところが近年、サプリメントによってドーピング検査で陽性になっている事例が後に立たないとのこと。

そして、アンチ・ドーピングのルール上、アスリートが自分の体に取り入れるものに関しては、全ての責任を自分自身で持たなければなりません。

選手生命がかかっているこのトピックでは、自己防衛が大切です。

アスリートに関わる全ての人の、ドーピングについての知識向上が必須です。

ドーピングとは

ドーピング(doping)は、英語のdopeに由来する動詞です。

競技において、運動能力を高める為に、禁止薬物を、運動選手や競走馬が使う不正をいいます。

オリンピックにおけるドーピング検査の実施は、1968年の冬季グルノーブル大会、夏季メキシコ大会より始まりました。

ドーピング の歴史

スポーツ界のドーピングは意外と古いものです。古代ギリシャ時代(日本でいう縄文時代くらい)には、あぶった牛の骨髄のエキスを飲んだり、コカの葉を噛んだりと、天然由来の薬物をドーピング目的で用いていた記録が残っています。

競走馬のドーピング

19世紀に競走馬に対して、麻薬や興奮剤を用いたのが、近代のスポーツドーピングの始まりと言われています。

人間のドーピングの使用例・死亡例

使用例

1865年アムステル運河水泳競技大会

死亡例

1886年ボルドー・パリ間の600km自転車レース

(興奮剤トリメチルの過剰摂取)

第一次世界大戦で開発された薬物

第一次世界大戦で開発された薬物(興奮剤アンフェタミンなど)がスポーツ界で使用されるようになり、ドーピングが蔓延し出しました。

興味のある方はこちらをどうぞ
生化夜話 第42回:フェアプレイへの長い道 – ドーピングと検査の生化学

 

陸上競技連盟が興奮剤の使用を禁止

1928年に国際陸上競技連盟が興奮剤の使用を禁止しました。

その後、他の競技団体も追随していきます。

オリンピックでのドーピング使用での初の死亡

1960年のローマ オリンピック 自転車競技中に死亡

(興奮剤アンフェタミンを使用)

1966年、初めての世界大会でのドーピング検査

・国際自転車競技連合(UCI

・国際サッカー連盟(FIFA

オリンピック初のドーピング検査

1968年のグルノーブルオリンピック、メキシコオリンピック

アンチ・ドーピングの活動

アンチ・ドーピングとは

ドーピング行為に反対(antiアンチ)し、スポーツがスポーツとして成り立つための、教育・啓発や検査といった様々な活動のことです。

1999年にWADA、2001年にJADAが設立!

1999年に世界アンチ・ドーピング機関(World Anti-Doping Agency =WADA)が設立しました。

WADA設立までは、主に国際オリンピック委員会(IOC)が、ドーピングを取り締まっていました。こちらを、WADA設立により、IOCから、WADAへ移管されました。

そして、2000年のシドニーオリンピックから血液検査が導入されました。

2001年に日本アンチ・ドーピング機構(Japan Anti-Doping Agency=JADA)が設立しました。

2003年には、ドーピングを定義した世界基準の規範「世界ドーピング防止規定(WADAコード)」が採択されました。これにより、近代のアンチドーピングの基礎が整いました。

おすすめ書籍

インフォームドチョイスマーク入り製品

コメント

タイトルとURLをコピーしました