ダイエット中の今日のおやつ パリパリ食感の枝豆チップス(ローソン)

今日のお菓子
この記事は約3分で読めます。

おやつを食べるのに罪悪感を感じないように

おやつを食べている時って幸せですよね。

誰もがリラックス効果を感じたことがあるはず。

ゆるーいダイエット中に、ちょっとくらい食べてもいいかなと思った時に、さて何を選ぶか。

罪悪感をなくす理由を見つけていきましょう。

パリパリ食感の枝豆チップス(ローソン)

野菜チップスは、普段のポテトチップスよりもなんだかヘルシーに感じますよね。

実際、パッケージもポテトチップスよりも小ぶりです。

パッケージが小さいということは、中身の量も、カロリーも抑えられています。

カロリー、栄養成分は?

1袋38gあたり

エネルギー154kcai

たんぱく質1.5g

脂質8.6g

炭水化物26.7g

———糖質8.7g

———食物繊維18.1g

食塩相当量0.5g

です。

こちらの枝豆チップスの特徴は、炭水化物の中の食物繊維の割合が多いことです。

なぜかというと、難消化性デンプンを使用しているからなのです。

難消化性デンプン

難消化性デンプンは、レジスタンドスターチともいいます。

名前の通り、難消化性デンプンは、糖質なのですが、

レジスタンド=消化しにくい

スターチ=デンプン

なのです。

冷やご飯が流行った時に、よく耳にしたかもしれません。

食品に含まれるデンプンは、消化酵素で分解され、小腸から吸収されて、エネルギー源になります。

難消化性デンプン(レジスタンドスターチ)は、小腸で消化吸収されることなく大腸まで届くのですから、魅力的です。

大腸まで届くと何がいいの?

大腸まで届くといって思い浮かべるのは食物繊維だと思います。

食物繊維が不足すると、腸内環境の悪化によって便秘になりやすくなります。そうすると、痔になったり、生活習慣病のリスクが高くなります。

便秘に悩む人は便秘の辛さにご存じだと思います。

実際に食べてみた

4枚食べてしまったあとにテキトーに数えて14枚だったので18枚くらいは入ってそうです。

20枚ないくらいと思っていればいいかな

お皿に出して食べると、袋から直に食べるよりも美味しく感じますね。

丸いフォルムがキュートです。

一気に全部食べたらしょっぱいので、ビールのつまみや、お茶と一緒に食べるといいでしょう。

4枚ずつとか、1日かけて食べるのがオススメです。

栄養成分表示をみると、思ったより食塩が入っていないのでお得感があります。

ダイエット中のお菓子戦略法

・誰かと一緒に食べるお菓子は、喜んで食べよう。

・頂き物のお菓子も喜んで食べよう。

・1人で食べる用のお菓子を買うときは、カロリーに気をつけよう。

・袋もののお菓子は、お皿に出して食べよう。

誰かと一緒に食べるお菓子は、喜んで食べよう

お家でもカフェでも職場でも、誰かと食べるお菓子は美味しく、そして楽しく感じるものです。

時間を共有しながらお菓子を食べられるなんて幸せなことです。

頂き物のお菓子も喜んで食べよう

誰かからいただくお菓子は、1個単位の時もあれば、1箱単位の時もありますね。

自分では買わないものや、1人の時には買わないものもあるでしょうから、チャンス!と思って楽しんでしまいましょう。

1人で食べる用のお菓子を買う際には、カロリーに気をつけよう

まず、一人の時は、お菓子を食べる必要があるのかを自問自答しましょう。

そして、ただ買いたいだけかもしれませんから、ケーキやフルーツサンドなどの賞味期限の短いものではなく、小袋になっているお菓子を選ぶことができるといいですね。

例えば3時のおやつでがっつりケーキを食べたら、夕食を軽くするとか、夕食の炭水化物を控えるとか、1日の中で調整していきましょう。

袋もののお菓子は、お皿に出して食べよう

袋から直に食べていると、あとどのくらい残っているのかわかり辛いのです。

いつの間にか最後の1個を食べ終わっていたら、なんだか物足りなくなります。

可愛いお皿に盛って、味わいながら食べていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました